Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中元用DMに別の顧客の届け先情報を印刷 - 酒小売事業者

九州地方を中心に酒類の販売店を展開するあんくるふじやは、2店舗の中元用ダイレクトメールに同封した書類において、別の顧客の届け先情報を誤って印刷したとして、書類の回収を進めている。

同社の佐賀北部店と那珂南店において、関係ない別の顧客の届け先情報を印字した「注文承り書」を、中元用ダイレクトメールへ同封、6月20日に発送したもの。書類作成時に顧客データの編集作業を誤り、そのまま印刷してしまったという。

ダイレクトメールを受け取った顧客からの連絡で問題が判明。204件のダイレクトメールを送付したが、氏名や住所、電話番号など1080件の届け先情報が誤って印字されていた。同社では対象となる顧客に連絡、書類の回収を進めている。

(Security NEXT - 2016/06/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

印字プログラム不具合で書類に別会員の口座情報 - 歯科コンサル会社
サイバー攻撃で注文情報が消失や流出の可能性 - キンコーズ
歯科健診受診票に別人の被保険者番号、そのまま活用 - 千葉市
患者に開示した文書に第三者の個人情報 - 姫路赤十字病院
他人領収証を誤送付、寄付急増によるフロー変更でトラブル - 国連UNHCR協会
重石ずれて廃棄書類がトラック運搬中に飛散 - 阿賀町
特別給付金申請書に別世帯の個人情報 - 豊田市
個人向け通販「LOHACO」で不具合 - 発送メールなどに他人の個人情報
介護保険料納入通知書を誤送付、委託先が封入ミス - 笠間市
物件購入者の個人情報が流出、勧誘電話で判明 - アイディホーム