Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

観光庁、旅行関連事業者の情報流出受け検討会を設置

観光庁は、JTBや札幌通運など旅行関連事業者における情報流出事案が相次いで発生したことを受け、「旅行業界情報流出事案検討会」を設置した。

同検討会は、旅行関連事業者で相次いで発生した情報流出に関し、問題点の検証や再発防止策を取りまとめる目的で設置したもの。旅行業界や経済団体の代表、セキュリティの有識者が参加する。

会合の早期開催に向けて日程を調整しているが、7月中に再発防止策の取りまとめを目指しているという。

また同庁では、情報流出事案の情報共有を図り、情報管理の徹底と再発を防止するための「情報共有会議」を6月28日に旅行関連事業者の業界と共同で開催する。

同会議では、JTBと札幌通運で発生した情報流出事案の概要を説明するほか、旅行業界におけるこれまでの情報セキュリティ対策の取り組みなどについて情報を共有する。

(Security NEXT - 2016/06/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

業務用ユニフォームの通信販売サイトに不正アクセス
不正アクセスでECサイト会員のメアドが流出 - 文具画材店
懲戒処分の検討契機に別職員による不正アクセスが発覚 - 小竹町
古着通販サイトに不正アクセス - 警察からの連絡契機に改ざん発見
サイト改ざんでクレカ情報流出の可能性 - スケートボード専門店
美容品販売サイトでクレカ情報流出か - 不正利用の可能性
教員アカウントが不正アクセス被害 - 埼玉大
事業者向けDIY通販サイトに不正アクセス - サービス開始から約2週間で被害
メタップスP、改善措置の報告書を提出 - 役員人事など発表
アニメ制作会社ショップに不正アクセス - 顧客情報が流出