Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ドコモ「dトラベル」顧客情報約33万人分が流出した可能性 - JTBのマルウェア感染影響で

JTBグループ会社より個人情報が外部へ流出した可能性があることが判明した問題で、同社提携先のNTTドコモは、「dトラベル」利用者約33万人分の情報が含まれていたことを明らかにした。

NTTドコモによれば、6月2日にi.JTBより経緯の説明があり、個人情報が流出した可能性があるとの説明を受けたという。

JTBでは、同社グループや外部など提携するオンラインサイトにおいて約793万人分の個人情報が漏洩した可能性があるとしており、そのうち「dトラベル」の関連個人情報約33万人分が含まれていた。

今回の問題を受けて、NTTドコモでは、JTBによる対応の妥当性について確認。個人情報が外部に流出した可能性があると特定された顧客に対してメールで連絡を取るとしている。

(Security NEXT - 2016/06/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アンティーク雑貨通販サイトに不正アクセス - ジョイフル本田
みそ通販サイトの侵害、ログイン用PWも流出した可能性
サッカー用品通販サイトに不正アクセス - 不正注文後に侵害
セガ子会社のメールアカウントの侵害、 あらたに3件判明
ECサイトで個人情報流出、クレカ不正利用の可能性 - 松井酒造
Dropboxの電子署名サービスに不正アクセス - 顧客情報が流出
福岡飲食店のECサイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
人事情報の不正閲覧で職員2人を処分、以前から漏洩のうわさ - 筑前町
eモータースポーツ公式アカウントの乗っ取りで個人情報流出の可能性
問合フォームに別人の個人情報、キャッシュ設定不備で - ソフト開発会社