Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ドコモ「dトラベル」顧客情報約33万人分が流出した可能性 - JTBのマルウェア感染影響で

JTBグループ会社より個人情報が外部へ流出した可能性があることが判明した問題で、同社提携先のNTTドコモは、「dトラベル」利用者約33万人分の情報が含まれていたことを明らかにした。

NTTドコモによれば、6月2日にi.JTBより経緯の説明があり、個人情報が流出した可能性があるとの説明を受けたという。

JTBでは、同社グループや外部など提携するオンラインサイトにおいて約793万人分の個人情報が漏洩した可能性があるとしており、そのうち「dトラベル」の関連個人情報約33万人分が含まれていた。

今回の問題を受けて、NTTドコモでは、JTBによる対応の妥当性について確認。個人情報が外部に流出した可能性があると特定された顧客に対してメールで連絡を取るとしている。

(Security NEXT - 2016/06/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

業務システムで顧客情報流出の可能性、サイトは再開 - アダストリア
不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 石油販売会社
通販サイトでクレカ情報流出、リニューアル前に判明 - 化粧品会社
医療従事者向け求人サイトにサイバー攻撃 - 個人情報が流出
宅食サービス会社がランサム被害 - 顧客情報流出の可能性も
食品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
職員の複数アカウントに不正アクセス - 奈良県立医科大
複数アパレル通販サイトが不正アクセス被害 - 一部サイトの脆弱性から拡大
159サイトを運用するサーバに不正プログラム、CMSを侵害か - 山形大
2要素認証の除外アカウントに大量の不正ログイン - 熊本県立大