Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

産総研と住友電工、自動車や工場などのセキュリティ研究で連携

産業技術総合研究所と住友電気工業は、セキュリティの共同研究室を設立した。

産総研情報技術研究部門内に「住友電工‐産総研 サイバーセキュリティ連携研究室」を設置したもの。関西センターを拠点として活動を展開する。

同研究室では、IoT環境などネットワーク接続機器におけるサイバー攻撃への対策技術をテーマに研究開発を推進。また研究を通じて、セキュリティ人材の育成にも注力していくという。

具体的には、産総研の暗号技術、組み込みシステム高信頼化技術など、セキュリティ技術を住友電工のインフラや産業システム、自動車および交通関連機器などの技術に応用。コネクテッドカーやスマートファクトリーの実証実験を進め、実用化を目指す。

(Security NEXT - 2016/06/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

軽量プロクシ「Tinyproxy」に脆弱性 - 報告者と開発者に溝
保険料算出に「AWS Security Hub」の評価を活用 - 東京海上日動
アルバイトが業務上知り得た個人情報を漏洩 - 河合塾進学研究社
「改訂新版セキュリティエンジニアの教科書」が発売 - 日本シーサート協議会
4月のMS月例パッチで修正された脆弱性が攻撃の標的に - 米当局が注意喚起
新「NOTICE」がスタート、脆弱性ある機器も注意喚起対象に
カンファレンスイベント「CODE BLUE 2024」、講演者募集を開始
バッファロー製ルータに脆弱性 - パスワード取得、コマンド実行のおそれ
iOS向けLINEアプリの「金融系モジュール」に脆弱性 - アップデートで修正済み
「JVN iPedia」登録、前四半期から4割減 - 累計20万件を突破