Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

無料Wi-Fiスポット検索アプリに複数の脆弱性

無料Wi-Fiスポットを検索できるスマートフォンアプリ「Japan Connected-free Wi-Fi」 に複数の脆弱性が含まれていたことがわかった。修正版が提供されている。

同製品は、訪日した外国人向けにNTTブロードバンドプラットフォームが提供しているスマートフォンアプリ。iOS版およびAndroid版がリリースされている。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、マンインザミドル攻撃(MITM攻撃)により、任意のAPIが実行可能な脆弱性「CVE-2016-4811」が存在するという。さらにURLスキームを使って起動することで、任意のページを表示させる「CVE-2015-5629」に関しても、2015年5月の修正が不十分だったことが判明した。

NTTブロードバンドプラットフォームでは、4月にリリースしたAndroid版の「同1.16.0」で脆弱性を修正。iOSに関しても、4月26日のコンテンツを反映することで脆弱性を解消できるという。

今回の脆弱性は、スプラウトの末房建太氏、塩見友規氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告。JPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。

(Security NEXT - 2016/05/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
「MS Edge」がゼロデイ脆弱性を解消 - 前版ベースに急遽対応
外部アプリより利用する「OpenSSL」の一部関数にDoS脆弱性
「Chrome」にアップデート - 今月3度目のゼロデイ脆弱性修正
Aruba製アクセスポイントに深刻な脆弱性 - アップデートを
悪用脆弱性リストにMS月例パッチで報告された2件を追加 - 米当局
「Cisco Crosswork NSO」など複数製品の脆弱性に対応 - Cisco
「Junos OS」に実装される「OpenSSH」の脆弱性について説明 - Juniper
ヘッドレスCMS「Cockpit」に任意のファイルをアップロードできる脆弱性
Fortinet、アドバイザリ18件を公開 - 複数製品の脆弱性に対応