Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DTRS、横浜みなとみらいにSOC設置 - 2020年までに30名体制目指す

デロイトトーマツリスクサービス(DTRS)は、横浜市に「サイバーインテリジェンスセンター(CIC)」を開設し、企業などのCSIRTを支援するサービスメニューを強化した。

20160526_dr_001.jpg
CICの様子。ツーマンセルやスリーマンセルでコミュニケーションを取りやすいレイアウトを採用。仮眠室も用意した

同センターは、サイバー空間の脅威情報を収集、分析したり、顧客のシステム監視などを行う拠点。従来、都内のオフィスでサービスを展開してきたが、あらたに国内拠点を設けた。コストパフォーマンスの面から横浜のみなとみらい地区を選択。現在13人体制で、2020年には30人体制を目指す。

設置にあたっては、すでに稼働しているスペインのCICからノウハウなどの供給を受けた。また各国に設置されたセンターと脅威のインテリジェンスを共有。その一方、海外のメンバーファームと資本関係はなく、独立性を強調。日本語による対応や、国内の企業文化に則したサービスを展開する。

また同社パートナーの泊輝幸氏は、「SOCサービスを提供していながらも、実際はサービスを外部へ委託しているケースもある」と指摘。同社ではすべて自前で人材を確保し、フルタイムで監視を行う点を差別化のポイントとして挙げた。

同社は、同センターの開設を機に新サービスとして、オンプレミス環境にSIEMを設置し、サイバー攻撃や内部不正を検知する「TSM プレミアム」を追加。エンドポイント向けのメニューも追加し、パッチ運用や遠隔から初動対応を行う「リモートフォレンジック」など展開していく。

(Security NEXT - 2016/05/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュ運用連携サービスで蓄積したデータを研究用に提供 - NII
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
ハイブリッドIT環境向けMSS、SOARを活用 - 富士通
「IoTセキュリティ・セーフティ・フレームワーク」を策定 - 経産省
最新脅威やコロナ時代のセキュ課題など50以上のセッション - パロアルトがカンファレンスイベント
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
CTCと日立システムズ、セキュリティ分野で協業
SIEM新版「ArcSight 2020」、SOARや脅威ハンティングなど機能強化
JSSEC、セキュリティフォーラムをオンライン開催
「Apache Tomcat」にサービス拒否の脆弱性 - 7月初旬の更新で修正済み