Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人向け製品「ウイルスバスタークラウド」に2件の脆弱性

「ウイルスバスタークラウド」に複数の脆弱性が含まれていることがわかった。すでにアップデートの配信が行われている。

アクセス制限の不備により、ファイルへアクセスされるおそれがある「CVE-2016-1225」や、任意のスクリプトが実行されるおそれがある「CVE-2016-1226」が判明したもの。「同10」および「同8」が影響を受ける。悪用は確認されていない。

外部研究者より3月に指摘を受けたもので、LAN内にマルウェアが侵入している場合、脆弱性を悪用されるおそれがある。デフォルトの設定であれば、外部ネットワークより攻撃を受けるおそれはないとしている。

同社では、広く周知するためにJPCERTコーディネーションセンターへ報告。同社は、各バージョンに修正モジュールを公開しているほか、5月9日よりプログラムアップデートの配信を順次開始し、同月13日には修正の配信を完了しているという。

(Security NEXT - 2016/05/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「PHPMailer」に深刻な脆弱性 - 過去修正済みの脆弱性が再発
脆弱性「FragAttacks」が判明 - ほぼすべてのWi-Fi機器に影響
「WordPress 5.7.2」が公開 - 1件のセキュリティ修正
MS、5月の月例パッチで脆弱性55件を修正 - 3件が公開済み
「EC-CUBE」の無償診断サービスが緊急脆弱性に対応 - 痕跡調査も
「Citrix Workspace App」に権限昇格の脆弱性 - アップデートを公開
Adobe、13製品向けにセキュリティアップデートを公開
「Adobe Experience Manager」に深刻な脆弱性
「Adobe Experience Manager」に6件の脆弱性 - 修正版が公開
eコマースプラットフォーム「Magento」にセキュリティアップデート