Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

誤送信による法人会員のメアド流出を公表 - イベント企画会社

イベント企画などを手がける阪神コンテンツリンクは、法人会員向けのイベント案内メールにおいて誤送信が発生し、会員のメールアドレスが流出したと発表した。

誤送信が発生したのは、大阪のライブハウス「ビルボードライブ大阪」において5月19日14時54分に送信したメール。宛先のアドレスを「宛先」に設定して送ったため、受信者間で宛先の法人会員のアドレス61件が表示された状態となったという。

同社では翌20日、対象となる会員に電話で連絡して謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2016/05/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

再委託先で2度にわたりメール送信ミス - 新潟県
松山市関連スポーツサイトに不正アクセス - 管理者アカウントでログイン
郵送チケットに宛名と別人の氏名など記載 - アパレル会社
Peatix情報流出、販売サイトへのリスト追加から発覚 - 侵害手法は未特定
名刺交換機能に不具合、名刺情報が流出 - 東京ビッグサイト
案内メールに他顧客の情報、リスト作成時にミス - モリサワ
「Peatix」に不正アクセス - 最大677万件の個人情報が流出
タイムカプセルのメッセージを紛失、誤廃棄の可能性 - 網走市
委託先でメール送信ミス、講座受講予定者のメアド流出 - 香川県
音楽イベントの受託事業者がメール誤送信、メアド流出 - 豊島区