Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

真鶴町のサイトに不正アクセス - 改ざん被害

神奈川県足柄下郡真鶴町のウェブサイトが、不正アクセスにより改ざんされる被害が発生した。情報漏洩については否定している。

同町サイトで利用していたコンテンツマネジメントシステム(CMS)が、不正アクセスを受けたもの。4月11日にサイトを一時停止し、調査を行ったところ、外部よりサーバへ侵入され、改ざんされた形跡が見つかったという。

ただし、同町庁舎は別のネットワークで運営されており、不正アクセスによる情報流出については否定している。

同町ではサーバを新設し、4月20日にウェブサイトを暫定的に再開。サーバの停止よりまもなく1カ月を迎えるが、仮復旧の状態が続いている。不正アクセスを受けた原因や被害範囲の特定、サイトの復旧などを行っているという。

同町では、同町のサイト利用者に対し、マルウェアへ感染していないか確認するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/05/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

教員アカウントが不正アクセス被害 - 埼玉大
事業者向けDIY通販サイトに不正アクセス - サービス開始から約2週間で被害
メタップスP、改善措置の報告書を提出 - 役員人事など発表
職員が上長アカウントに不正アクセス、投書から複数発覚 - 登米市
教員私物PCが「Emotet」感染、不正メール送信の踏み台に - 愛媛大
カタログギフト販売サイトに不正アクセス - 顧客情報が流出した可能性
アニメ制作会社ショップに不正アクセス - 顧客情報が流出
サンドラッグの複数関連サイトにPWリスト攻撃
読売新聞オンライン、アカウント2070件に不正ログインの疑い - 試行や失敗の増加も
決済会社にサイバー攻撃、影響受けた可能性 - フランス文化センター