Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

配達員が排水溝へ捨て、一部招待チラシを回収できず - 東京ガス

東京ガスは、販売店が配布するはずだった顧客向けのイベント招待チラシの一部が所在不明になっていることを明らかにした。委託先従業員が勝手に廃棄し、回収できない状態だという。

チラシの配達を販売店である東京ガス横浜中央エネルギーより受託したポスティング会社の配達員が、一部を排水溝へ捨てていたことが判明したもの。チラシには顧客の氏名と住所が記載されていたという。

4月6日に、排水溝などに落ちているとの通報が住民から寄せられて明らかとなったもの。連絡を受けて販売店が、数日間をかけてこれまでに120枚のチラシを回収。82枚は住民に届いているが、同配達員が担当したのこり41枚については、所在がわからない状態だという。

販売店では、同配達員が担当していたすべての顧客に連絡して事情を説明するとともに、謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2016/05/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数自治体で新型コロナ患者情報の誤送付が発生
ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
ソフトバンク元従業員が逮捕 - 技術情報を転職先に持ち出しか
検討会の傍聴申込メールを誤送信 - 総務省
個人情報含む可能性のある公文書が所在不明 - 大阪市
患者情報扱うPCが所在不明、店舗リフォーム時に誤廃棄か - 調剤薬局
マイナンバーや口座情報含む国勢調査員関連書類を紛失 - 大阪市
生活保護受給者の複数記録簿が所在不明 - 八尾市
高校で実習製品注文者の個人情報をFAX誤送信 - 島根県
政治資金収支報告書の領収書写しを紛失 - 大阪府選管