Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「HP Data Protector」に複数の脆弱性 - アップデートがリリース

Hewlett Packard Enterpriseのバックアップソリューション「HP Data Protector」に複数の脆弱性が含まれていることがわかった。セキュリティ機関が注意を呼びかけている。

データを保護する「Encrypted Control Communications」機能を有効化している場合にも、認証なくアクセスできる脆弱性「CVE-2016-2004」が存在。脆弱性を悪用された場合、サーバで認証なくリモートよりコードを実行されるおそれがある。

HPEでは、「同9」「同8」「同7」に対してアップデートとなる「同9.06」「同8.15」「同7.03_108」をリリース。「CVE-2016-2004」のほか、「CVE-2015-2808」「CVE-2016-2005」「CVE-2016-2006」「CVE-2016-2007」「CVE-2016-2008」のあわせて6件の脆弱性を解消した。同社やセキュリティ機関では、利用者へ注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ルータやブラウザなど悪用済み脆弱性3件に注意喚起 - 米当局
「Zabbix」のサーバに深刻な脆弱性 - 3月の更新で修正済み
Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
「MS Edge」がゼロデイ脆弱性を解消 - 前版ベースに急遽対応
外部アプリより利用する「OpenSSL」の一部関数にDoS脆弱性
「Chrome」にアップデート - 今月3度目のゼロデイ脆弱性修正
Aruba製アクセスポイントに深刻な脆弱性 - アップデートを
悪用脆弱性リストにMS月例パッチで報告された2件を追加 - 米当局
「Cisco Crosswork NSO」など複数製品の脆弱性に対応 - Cisco
「Junos OS」に実装される「OpenSSH」の脆弱性について説明 - Juniper