Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「JR九州アプリ」に他人の会員情報が表示される不具合 - 原因を調査中

インターネットから列車を予約ができるスマートフォン向けアプリ「JR九州アプリ」に不具合があり、利用者とは関係ない他人の会員情報が表示される状態だったことがわかった。同社ではアプリ向けのサービスを停止し、原因を調べている。

20160414_jk_001.jpg
不具合が判明した「JR九州アプリ」

JR九州によると、4月11日に利用者から会員情報の誤表示に関してメールで指摘があり、調査したところ、ログインした本人とは異なる会員情報がアプリの画面上に表示されるケースがあることが判明した。

アクセス履歴を解析したところ、会員15人に関して氏名やメールアドレス、クレジットカード番号の一部が、ほかの会員の画面に表示された可能性があることがわかったという。

同アプリは3月15日からiOS版とAndroid版の提供を開始したばかり。同社では同アプリ向けのサービスを停止し、原因究明とシステムの改修を進めている。

同アプリ以外からのアクセスであれば不具合は発生せず、同社では、サービスの再開までパソコンやスマートフォンのブラウザから予約サービスを利用するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/04/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

研修申込者の個人情報をネット上に誤公開 - 埼玉県
イベント当選者のメアド流出、一斉送信機能に不具合 - アニメイトカフェ
「看板商品創出事業」で情報流出、アクセス権限の設定漏れで - 観光庁
通知裏面に別人の健診結果、印刷操作ミスで - 宮城県
全日本スキー連盟の会員管理システムに不具合 - 検索機能に不備
イベント申込フォームで他申込者の個人情報を表示 - 水戸ホーリーホック
匿名加工用の医療データDBに本人通知なく取得したデータ - プログラムミスで
印字プログラム不具合で書類に別会員の口座情報 - 歯科コンサル会社
都の電子申請システムで不具合 - 別人の教員選考受験票を表示
会員サービスで個人情報を誤表示、原因はアップデートによるエラー - H&M