Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「JR九州アプリ」に他人の会員情報が表示される不具合 - 原因を調査中

インターネットから列車を予約ができるスマートフォン向けアプリ「JR九州アプリ」に不具合があり、利用者とは関係ない他人の会員情報が表示される状態だったことがわかった。同社ではアプリ向けのサービスを停止し、原因を調べている。

20160414_jk_001.jpg
不具合が判明した「JR九州アプリ」

JR九州によると、4月11日に利用者から会員情報の誤表示に関してメールで指摘があり、調査したところ、ログインした本人とは異なる会員情報がアプリの画面上に表示されるケースがあることが判明した。

アクセス履歴を解析したところ、会員15人に関して氏名やメールアドレス、クレジットカード番号の一部が、ほかの会員の画面に表示された可能性があることがわかったという。

同アプリは3月15日からiOS版とAndroid版の提供を開始したばかり。同社では同アプリ向けのサービスを停止し、原因究明とシステムの改修を進めている。

同アプリ以外からのアクセスであれば不具合は発生せず、同社では、サービスの再開までパソコンやスマートフォンのブラウザから予約サービスを利用するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/04/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

認証システムの個人情報が外部閲覧可能に - 京大
新型コロナ拡大防止協力金申請者情報が流出 - 神奈川県
アクセス集中で不具合、会員情報が流出 - サッポロビール
大会申込フォームに不具合、個人情報が閲覧可能に - 日本学生相談学会
政府行政ポータル「e-Gov」で個人情報が流出 - リニューアル後に複数不具合
名刺交換機能に不具合、名刺情報が流出 - 東京ビッグサイト
ソースコードに利用者のメールアドレス - ウェブ本棚サービス
エポック社の通販ショップで個人情報が流出 - メールプログラムに不具合
顧客向けの謝罪メールで誤送信 - 英製ヘアブラシ公式サイト
アンケート回答者の個人情報が閲覧可能に - マイナビ農業