Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

市立中学校で入学予定者の個人情報が所在不明 - 大阪市

大阪市の市立中学校において、児童56人分の個人情報が記載された書類が所在不明になっていることがわかった。

3月22日に同校教諭が入学予定の児童名が記載された書類を持参して、校区内の小学校との連絡会に参加したが、連絡会の終了後に学校へ戻ったところ書類を紛失していることに気付いたという。

所在不明になっているのは、同校が作成したクラス編制案。紛失当時入学予定だった児童56人分の氏名とクラス編成が記載されていた。同校では対象となる児童とその保護者に謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2016/04/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

府立高で生徒個人票2クラス分が所在不明に - 大阪府
教諭が試験問題を生徒に漏洩 - 金沢市の私立中
市内3校で健康診断票が所在不明、引継時に紛失か - 尼崎市
中学校でメール誤送信、保護者のメアド流出 - つくばみらい市
中学校で生徒のテスト結果一覧を誤配布 - 柏市
高校で学校説明会の申込者情報が閲覧可能に - 宮城県
高校で指導要録を紛失、誤廃棄の可能性 - 三重県
高校でメール誤送信、体験授業参加者のメアド流出 - 大阪府
SNSの利用ルール啓発で、パスワード提出求める不手際 - 練馬区中学校
神奈川県、教員を停職処分 - 試験をインスタで生徒に漏洩