Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

comico、公式Twitterアカウントの投稿画像に個人情報

オリジナルのマンガや小説を無料で提供するサービス「comico」の公式Twitterアカウントにおいて、2人の個人情報を含む画像が誤って投稿されていたことがわかった。

同サービスを運営するNHN comicoによれば、3月23日18時前に、同サービスで実施した企画に関する応募状況を告知する目的で、複数の顧客から送られた応募ハガキを撮影した画像を公式Twitterに投稿。その画像に写っていた2人分のハガキから差出人の氏名と住所が確認できる状態だったという。

投稿から2分後に、Twitterを閲覧したほかのユーザーから指摘があり、5分後に画像を含む投稿を削除した。

同社では対象となる応募者に対し、説明と謝罪を実施。投稿前に複数の従業員によるチェックを行うなど、SNSの利用に関する社内ルールの周知徹底を図るとしている。

(Security NEXT - 2016/04/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Twitterが乗っ取り被害、DM履歴に顧客情報 - ホビー製作販売会社
Twitterにイベント応募者の個人情報含む写真を投稿 - 大阪市立科学館
キャンペーン応募者の個人情報が閲覧可能に - 人材派遣会社
職員個人SNSに依頼、顧客情報含む資料を外部提供 - 東北電気保安協会
キャンペーン登録者の個人情報が閲覧できる状態に - カゴメ
VPNアカウント流出、内部侵入は否定 - 平田機工
学生が個人情報含むクラス表をSNS投稿
従業員がTwitter上に顧客情報 - トレカ通販サイト
「天下一音ゲ祭」の出場者向けメールで誤送信
COP24会場でUSBメモリとPCが盗難か、PW記載した書類も - 環境省