Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府、サイバーセキュリティ人材育成の強化方針を決定

政府は、サイバーセキュリティ戦略本部の第7回目となる会合を3月31日に開催し、サイバーセキュリティ人材の育成を強化する方針などを決定した。

脅威へ対抗するためには量的、質的に不足しているサイバーセキュリティ人材の育成が急務であるとして、人材育成に関わる各種施策を強化するとともに、施策の連携を促進するための「サイバーセキュリティ人材育成総合強化方針」を決定。

サイバーセキュリティを専門とする人材だけでなく、サイバーセキュリティに関わる幅広い人材の育成に向けた施策を推進するための方針を示し、政府機関における専門人材の育成や、一般職員のリテラシー向上についての取組方針を取りまとめた。

また同会合では、2014年5月に決定した「重要インフラの情報セキュリティ対策に係る第3次行動計画」の見直しに向けたロードマップを策定。今後は同ロードマップに従い具体的な検討を行い、2017年3月末をめどに結論を出すとしている。

(Security NEXT - 2016/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「vCenter Server」脆弱性、実証コード公開済み - 5月28日ごろより探索も
欧州子会社5社のランサム被害、2社では情報流出なし - 東芝テック
FBI、「FortiOS」脆弱性について再度注意喚起 - 5月以降も被害が
政府のセキュリティ訓練参加者情報が流出 - 委託先ツール経由で
3機関以外で政府情報の流出確認されず - 政府
NISC、「ProjectWEB」の不正アクセスで政府機関や重要インフラ事業者に注意喚起
「改正個人情報の保護法」のガイドライン改正でパブコメ実施
不正アクセス被害のランドブレイン、調査結果を公表 - ランサムウェアは「Cring」
米パイプライン事業者がランサム被害 - FBIが「Darkside」関与指摘
MTAの「Exim」に21件の脆弱性 - 最新版へ更新を