Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NECのルータ2機種にCSRFの脆弱性

NECのルータ2機種にクロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)の脆弱性が含まれていることがわかった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、「Aterm WF800HP」には「CVE-2016-1168」が存在。さらに「Aterm WG300HP」に「CVE-2016-1167」が判明した。ログイン中のユーザーが、細工されたページにアクセスすると、意図しない操作が行われるおそれがある。

NECでは、「Aterm WF800HP」に対して脆弱性を修正したファームウェアのアップデートを提供。また両機種において、管理画面へログインした状態で他サイトを閲覧しないことで脆弱性の悪用を回避できるとして注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

エレコム製のルータ14製品に脆弱性 - アップデート提供予定なく移行を
「ウイルスバスター for Home Network」に3件の脆弱性
脆弱性「FragAttacks」が判明 - ほぼすべてのWi-Fi機器に影響
NEC製ルータ「Atermシリーズ」の複数製品に脆弱性
一部シスコ製小規模向けVPNルータに深刻なRCE脆弱性
小規模向けCisco製VPNルータに深刻なRCE脆弱性 - アップデートが公開
小規模向けの一部Cisco製ルータに深刻な脆弱性 - 更新予定なく利用中止を
NECの複数ルータ製品に脆弱性 - アップデートがリリース
ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
ルータ向けLinuxディストロにRCE脆弱性 - 修正版は未提供