Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、「FinTech事業開発室」を設置 - セキュリティ技術との連携模索も

NECは、ICTを活用して新たな金融サービスを創出するいわゆる「FinTech」の関連事業推進を目指した新組織「FinTech事業開発室」を4月1日に立ち上げる。

同組織は、全社注力事業の牽引やビジネスモデル変革の推進などを担う「ビジネスイノベーション統括ユニット」内に設置。約20人体制で活動を開始。北米やシンガポール、インド、欧州などの拠点と連携しながらグローバルに事業を展開していく。

具体的な業務として、組織横断的なFinTech事業戦略を策定するほか、AIやセキュリティ、生体認証などの技術とFinTech関連技術のオープンイノベーションによるサービスの開発を推進。金融や流通、通信、政府機関や自治体との協業による新規サービスの創出を目指す。

(Security NEXT - 2016/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

発表前の配信代行プレスリリースに外部アクセス、URLを推測か - PR TIMES
2020年は1930億件のPWリスト攻撃を観測 - 約10億件を観測した日も
11年前の紛失個人情報、道などへ繰り返し匿名送付 - 5月にも3回
6月はフィッシングサイトが増加、過去2番目の件数に - 報告数は減少
クラウド設定不備で顧客情報に外部アクセス - 琉球銀
益茂証券で個人情報流出の可能性 - サイト管理事業者が認証機能を誤って無効化
2020年のフィッシング、3分の2が「HTTPS」対応 - 12月には半数超に
ASPに対する不正アクセスの調査結果を公表 - トレードワークス
ワクチン予約受付を装うスミッシング、「不在通知」のグループ関与か
フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多