Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本ユニシスら、社外PC向けの研修実施サービス

日本ユニシスとシステム・テクノロジー・アイは、企業外部のパソコンを対象に企業研修を実施できる新サービスを、4月1日より提供開始する。

日本ユニシスのUSB型認証キー「SASTIK」と、システム・テクノロジー・アイの学習管理システム「iStudy Enterprise Server」を組みあわせて提供するもの。

クラウドへの暗号化通信や専用ブラウザによるアクセスし、閲覧したデータをパソコンに残存せずにeラーニング形式による研修を受講者向けに提供可能。受講履歴の管理にも対応している。

(Security NEXT - 2016/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「スタディサプリ」に不具合 - 他利用者としてアクセス可能に
NVIDIAの連合学習SDKにRCE脆弱性 - データ侵害のおそれも
「セキュリティ・ミニキャンプオンライン」を10月より開催
AWS向けFWマネージドサービスの国内展開を開始 - パロアルト
AIによる顔画像取扱時の留意点を解説 - 日本ディープラーニング協会
パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始
国内外データ保護規制に対応する実務者向けの資格認定制度を開始 - 日本DPO協会
「FFRI yarai」に新版、悪意あるOfficeマクロへの対策を強化
SB、スミッシング対策を無償提供 - アルファベット発信元の拒否にも対応
サイバー防御演習「CYDER」の受講申込受付を開始 - NICT