Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本ユニシスら、社外PC向けの研修実施サービス

日本ユニシスとシステム・テクノロジー・アイは、企業外部のパソコンを対象に企業研修を実施できる新サービスを、4月1日より提供開始する。

日本ユニシスのUSB型認証キー「SASTIK」と、システム・テクノロジー・アイの学習管理システム「iStudy Enterprise Server」を組みあわせて提供するもの。

クラウドへの暗号化通信や専用ブラウザによるアクセスし、閲覧したデータをパソコンに残存せずにeラーニング形式による研修を受講者向けに提供可能。受講履歴の管理にも対応している。

(Security NEXT - 2016/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ラック、金融犯罪対策に注力 - 新組織を立ち上げ
「セキュリティ・キャンプ全国大会」、応募締切は5月31日
制御システム向けにエンドポイント対策製品 - トレンド
FFRI、先端技術分野の脅威分析やトレーニングなど新サービス
自動車への攻撃手法など学ぶトレーニングサービス - NDIAS
ウェブエンジニア向けにeラーニングサービス「KENRO」
パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始
施設予約申込書に電話番号記載ミス、誤FAXで判明 - 名古屋市
標的型攻撃メール訓練を刷新、セルフ実施を支援 - ラック
若年層向け人材育成プログラム「SecHack365 2019」が始動 - 参加者募集を開始