Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

A10、セキュリティとアプリネットワーク機能を装備した「Thunder CFW」

A10ネットワークスは、セキュリティ対策とアプリケーションネットワーク機能を装備したゲートウェイ「Thunder CFW」を提供開始した。

同製品は、セキュリティとアプリケーションネットワーキングの機能を提供する大企業やモバイル通信事業者、データセンター向けのアプライアンス。フラッグシップモデル「Thunder 7440 CFW」など8モデルを用意している。

プロクシやURLフィルタリング、SSL暗号化通信の可視化などへ対応したウェブゲートウェイのほか、DDoS対策やアプリケーション配信機能を統合したファイアウォールを搭載。サイト間IPSec VPNを統合した。

(Security NEXT - 2016/03/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

続くVPN機器への攻撃 - 「修正済み」のつもりが無防備だったケースも
【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
国内組織の6割が「SASE」導入に着手 - 「VPN」が46%で最多
ランサムウェア「Cring」、脆弱VPN機器を標的 - 制御システムが停止する被害も
国内設置ルータを踏み台とした攻撃パケットの増加を観測 - JPCERT/CC
A10、「ACOS 5.2.1」をリリース - DNSクエリの保護機能など追加
「Okta Access Gateway」にコマンドインジェクションの脆弱性
水道利用者のクレカ情報含む書類が所在不明 - 札幌市水道局
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
次世代セキュリティ製品の検知回避を狙う「Emotet」