Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

A10、セキュリティとアプリネットワーク機能を装備した「Thunder CFW」

A10ネットワークスは、セキュリティ対策とアプリケーションネットワーク機能を装備したゲートウェイ「Thunder CFW」を提供開始した。

同製品は、セキュリティとアプリケーションネットワーキングの機能を提供する大企業やモバイル通信事業者、データセンター向けのアプライアンス。フラッグシップモデル「Thunder 7440 CFW」など8モデルを用意している。

プロクシやURLフィルタリング、SSL暗号化通信の可視化などへ対応したウェブゲートウェイのほか、DDoS対策やアプリケーション配信機能を統合したファイアウォールを搭載。サイト間IPSec VPNを統合した。

(Security NEXT - 2016/03/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
2020年2Q、67%のマルウェア亜種が定義ファイルを回避
東証のシステム障害、メモリ故障に起因 - フェイルオーバー機能せず
「McAfee Web Gateway」に権限昇格など深刻な脆弱性
クラウドセキュリティ市場、高成長を予測 - IDC Japan
GRCプラットフォームの新版を提供 - デルテクノロジーズ
NETGEAR製品に10件のゼロデイ脆弱性 - 多数製品に影響
Palo Alto Networksの「PAN-OS」に認証回避の脆弱性 - VPNなども影響
UTMと国内脅威DBの連携ソリューション - キヤノンMJら
「UPnP」プロトコルに脆弱性、攻撃手法「CallStranger」が明らかに