Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイナンバーのトラブル事例 - 「提供しなければ解雇」

個人情報保護委員会は、「マイナンバーヒヤリハットコーナー」を開設し、マイナンバー関連でトラブルへ発展する可能性のある事例について情報提供を行っている。

マイナンバーが漏洩する可能性があった「ヒヤリハット」の事例のほか、企業と従業員間でトラブルに発展しうる事例について取りまとめ、同コーナーで情報を提供しているもの。

「トラブル」が予想される事例としては、マイナンバーの安全管理措置について勤務先に問い合わせたところ、委託業者に問い合わせるよう言われたが、委託先が回答しないケースを紹介。

さらにクラウド上でマイナンバーが保管するものの、事故発生時の責任が不明確なケース、勤務先からマイナンバーの提供を求められ、難色を示したら解雇すると言われたケースなどを「転ばぬ先の事例集」としてまとめ、公開している。

(Security NEXT - 2016/03/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新潟県で偽国勢調査員による「かたり調査」が発生
交付前のマイナンバーカード2枚が所在不明に - 茂原市
なりすまし不正口座開設、写真なし証明書を悪用 - 筆跡が酷似
交付前のマイナンバーカードが所在不明 - 和泉市
顧客情報流出でサクソバンク証券に業務改善命令
マイナンバーカード紛失、誤廃棄か - 摂津市
マイナポイント、約6割が利用したい - 根強い不信感も
「e-Tax受付システム」利用者向けのChrome拡張機能に脆弱性
マイナンバーカード、「いつものパスワード使う」との声も
政府、自治体のセキュ対策見直し - 効率化やテレワークなど視野に