Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイナンバーのトラブル事例 - 「提供しなければ解雇」

個人情報保護委員会は、「マイナンバーヒヤリハットコーナー」を開設し、マイナンバー関連でトラブルへ発展する可能性のある事例について情報提供を行っている。

マイナンバーが漏洩する可能性があった「ヒヤリハット」の事例のほか、企業と従業員間でトラブルに発展しうる事例について取りまとめ、同コーナーで情報を提供しているもの。

「トラブル」が予想される事例としては、マイナンバーの安全管理措置について勤務先に問い合わせたところ、委託業者に問い合わせるよう言われたが、委託先が回答しないケースを紹介。

さらにクラウド上でマイナンバーが保管するものの、事故発生時の責任が不明確なケース、勤務先からマイナンバーの提供を求められ、難色を示したら解雇すると言われたケースなどを「転ばぬ先の事例集」としてまとめ、公開している。

(Security NEXT - 2016/03/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報の漏洩や紛失などの報告、2020年度は4141件 - 個情委
マッチングアプリ「Omiai」の会員情報171万件が流出した可能性
マイナンバーカード交付予約者の個人情報をサイトに誤掲載 - 小田原市
マイナンバーなど外部送信、ダミーファイルに残存 - 宝HD
市サイトで送信した画像が閲覧可能に、マイナンバーなども - 佐賀市
端末の更新を失念、マイナンバーカード手続きで障害 - 長野市
顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
マイナンバーなど個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 前橋市まちづくり公社
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
ファイルサーバに不正アクセス、データ流出か - 丸紅グループ会社