Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

迷惑な「自動巡回プログラム」への対策ソリューション

アカマイ・テクノロジーズは、ウェブサイトを訪問する「自動巡回プログラム」を管理する「Akamai Bot Manager」を発表した。

同ソリューションは、ウェブサイトを訪問する自動巡回プログラムを識別。競合企業などによる情報収集やサービスの妨害、買い占め、リソースの消費といったビジネスへ影響を与えるアクセスに対して、ブロックをはじめ、タイプに応じた対応を行うことができる。

同社が保有するビッグデータより解析したデータを活用。15カテゴリーに分類して1300以上のボットを識別するほか、カスタマイズが可能。未知のボットに対応するリアルタイム検出機能も装備しており、2種類のレポートを提供する。

(Security NEXT - 2016/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

政府、行政機関のLINE利用でガイドライン
「CloudGuard」にウェブアプリやAPI保護機能を追加 - チェック・ポイント
ブラウザの通知機能を悪用、巧妙な「偽アラート」に注意
ゴミ分別案内のチャットボット改ざん、不正サイトへ誘導 - 横浜市
「Emotet」感染後の対応、「駆除」だけでは不十分
2020年の攻撃通信パケット、前年比1.5倍 - NICTまとめ
2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック
「Emotet」を追い詰めた「Ladybird作戦」 - 攻撃者がバックアップ保有の可能性も
欧米警察が協力、「Emotet」をテイクダウン - 被害チェックサイトも
「Docker API」狙う攻撃に注意 - 9月ごろより増加