Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTコム、閉域ネットワーク上で「Box」を利用できるサービス

NTTコミュニケーションズは、クラウドストレージサービス「Box」を同社の企業向けVPN上で利用できるサービス「Box over VPN」を提供開始した。

20160315_nc_001.jpg
「Box over VPN」の概要図(画像:NTTコム)

同サービスは、NTTコムの企業向けVPNサービス「Arcstar Universal One」より「Box」を利用できるもので、「Box」と共同で開発した。インターネットとは切り離された閉域ネットワークを通じてファイルのやり取りを行うことが可能。NTTコムがネットワークを常時監視するほか、24時間体制の保守窓口を提供する。

50世代までバージョン履歴管理を行うことができ、他SaaSとの連携が1連携まで可能なBusinessプランの料金は、1IDあたり月額3672円。バージョン履歴管理が100世代まで、他SaaSとの連携が無制限でセキュリティ設定のカスタマイズ可能なEnterpriseバージョンも用意している。いずれも、ストレージ容量は無制限。

(Security NEXT - 2016/03/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

VPN機器や端末などテレワーク環境のセキュリティを評価するサービス
DMARCレポート解析サービスに通報機能を追加 - TwoFive
攻撃者に狙われる「非公開ファイル」のチェック機能 - ビットフォレスト
個人の同意に基づいたデータ流通を実現するサービス - 日立
クラウド型のウェブ閲覧環境分離サービス - 高リスクサイトだけの利用も
脆弱性管理など必要時のみ利用できる新ライセンス体系 - エフセキュア
クライアントのログ管理サービスをクラウドで提供 - ラネクシー
ゲーマー向け「ノートン」が発売 - ゲーム用にCPU処理能力を確保する新機能
A10、「ACOS 5.2.1」をリリース - DNSクエリの保護機能など追加
パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始