Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「早い」「うまい」「安い」を探すサイバー攻撃者 - 実態は平均年収3万ドル未満

サイバー攻撃者は、どのような標的を好むのか。米Palo Alto Networksは、同社が後援したPonemon Instituteによるアンケート調査を発表した。

同調査は、サイバー攻撃者の視点に着目したもので、米国、英国、ドイツでサイバー攻撃に詳しいとされる379人が匿名で回答したという。回答者は79%が攻撃者のコミュニティに参加しているとしており、年間の平均収益は3万ドル未満。

今回の調査では、72%が価値の高い情報が簡単に入手できない攻撃には時間を費やさないと回答。73%はコストのかからない安上がりな標的を探していた。

また攻撃から40時間経過しても攻撃が成功しないと、多い場合で6割があきらめていた。熟練した技術を持つ攻撃者であっても、平均209時間経過しても攻撃が成功しないと、別の標的に移動していたという。

(Security NEXT - 2016/03/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ハウスクリーニングのマッチングサイトに不正アクセス
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
2020年2Q、67%のマルウェア亜種が定義ファイルを回避
サーバ9割以上が暗号化被害、セキュ対策ソフト削除も - 鉄建建設
macOS向け「ウイルスバスター」に脆弱性 - 悪用は未確認
偽日本郵便の詐欺メールに注意 - 誘導先ドメインに「paypay」の文字列
脆弱性「Zerologon」の悪用確認 - 侵害封じ込めが困難に、影響多大のため早急に対策を
8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
「パープルチーム」によるコンサルにも対応したペネトレサービス
LINE利用者のパスワード約7.4万件が特定 - ログイン連携サービスにPWリスト攻撃