Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

京都動物愛護センターのサイトが改ざん - 閲覧でマルウェア感染のおそれ

京都動物愛護センターのウェブサイトが不正アクセスを受けて改ざんされ、閲覧するとマルウェアへ感染するおそれがあったことがわかった。

同センターが委託している外部サーバが不正アクセスを受け、サイトが改ざんされたもの。同センターは、2月27日20時ごろにウェブサイトを閉鎖し、被害状況など詳細を調べている。

改ざんされたウェブサイトを閲覧した場合、マルウェアに感染する可能性があった。改ざんされた日時はわかっていない。同サイトへアクセスしたことがある場合、マルウェアへ感染していないかチェックするよう呼びかけている。

同サイトでは個人情報を保有していないとし、個人情報流出の可能性を否定。また京都府や京都市の公式サイトは別サーバで運用されており、影響はないとしている。

(Security NEXT - 2016/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小規模サイト、約1割「一切脆弱性対策せず」 - 対策不備で2割が被害経験
複数の釣り具通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出か
凸版印刷とNICT、「耐量子 - 公開鍵暗号」の技術確立で共同研究
米政府、Fortinet製品利用者に注意喚起 - 3月よりAPT攻撃を観測
通販サイト「ゆとりの空間」、パスワード含む個人情報が流出か
アパレル資材B2Bサイトでクレカ情報流出か - アップロード機能の脆弱性突かれる
健康食品通販サイトでクレカ情報流出か - 個人情報格納サーバにも不正アクセスの痕跡
医療関連用品の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
「CloudGuard」にウェブアプリやAPI保護機能を追加 - チェック・ポイント
4社に3社が直近1年にインシデントを経験 - JIPDEC調査