Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール添付ファイルや記載URLの危険性をチェックするサービス - BIGLOBE

ビッグローブは、サンドボックスを活用した「標的型攻撃メールチェックサービス」を提供開始した。

同サービスは、米Proofpoint製Protection Server機能を活用したメール経由のマルウェア感染を防ぐクラウドサービス。メールサーバのDNS設定を変更するだけで導入できる。

メールの添付ファイルや本文に記載されたリンク先のウェブサイトについて、サンドボックス内で挙動を確認。異常を確認した場合はメールを削除し、受信者へ通知する。

また記載されたURLを同サービスのサーバからリダイレクトするよう書き換えることで、メール配信より時間が経過してからサイトの内容を危険なものへ変更される「時間差攻撃」も防ぐという。

50ID利用の場合、初期費用は5万4000円。月額費用は1万800円から。別途、クラウドメールの初期費用と月額費用が必要。

(Security NEXT - 2016/02/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脆弱性8件を解消した「Firefox 108」がリリースに
MS、2023年1月の月例セキュリティパッチを公開 - ゼロデイ脆弱性にも対応
米政府、「OWASSRF」など悪用脆弱性2件について注意喚起
「VMware Workstation/Fusion」に脆弱性 - 「VMware ESXi」にも影響
パロアルト、「PAN-OS」に新版 - Advanced WildFireなど新機能
「VMware ESXi」や「VMware vCenter Server」に脆弱性 - アップデートが公開
「MS Edge」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を解消
Apple、「iOS 16.1」「iPadOS 16」を公開 - ゼロデイ脆弱性を修正
Apple、「macOS Ventura 13」で脆弱性113件に対処 - 「Monterey」「Big Sur」にもアップデート
米CISA、悪用済み脆弱性リストに10件追加 - 早急に対処を