Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米Arbor、マルウェアや内部不正の検知ソリューション

米Arbor Networksは、ネットワークより脅威を発見するセキュリティプラットフォーム「Arbor Networks Spectrum」を発表した。

同プラットフォームは、パケットキャプチャやNetFlowより、組織のネットワークにおけるマルウェアの活動や内部不正を検知するソリューション。

サービスプロバイダとの提携関係により得たトラフィックデータや、マルウェアの調査、攻撃者のモニタリングなど踏まえた情報をもとに脅威を検知し、調査を行えるとしており、経験者だけでなく、初心者でも利用できるよう設計したという。

(Security NEXT - 2016/02/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CrowdStrike、「Log4j」の無料検索ツールを公開 - 複数OS向けに用意
Akamai、WAFとAPI防御を統合したWAAP「App & API Protector」を発表
実証実験で9割以上の特殊詐欺によるATM利用を検知 - ラックと三菱UFJ銀
「Box」がマルウェア対策を強化 - 機械学習ベースの検知に対応
個別の脅威調査に応じるチケット制サービス - カスペルスキー
マルウェア対策やアクセス制御などモバイル向けソリューションを展開 - Jamf
「FFRI yarai」に新版、ログの収集機能を強化 - FFRI
富士通とトレンド、コネクテッドカーのセキュリティ対策で協業
顔認証によるショルダーハッキング対策製品、マスク着用に対応
クロスポイントとサイバーリーズン、EDRを活用したSOCサービス