Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米Arbor、マルウェアや内部不正の検知ソリューション

米Arbor Networksは、ネットワークより脅威を発見するセキュリティプラットフォーム「Arbor Networks Spectrum」を発表した。

同プラットフォームは、パケットキャプチャやNetFlowより、組織のネットワークにおけるマルウェアの活動や内部不正を検知するソリューション。

サービスプロバイダとの提携関係により得たトラフィックデータや、マルウェアの調査、攻撃者のモニタリングなど踏まえた情報をもとに脅威を検知し、調査を行えるとしており、経験者だけでなく、初心者でも利用できるよう設計したという。

(Security NEXT - 2016/02/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

機械学習活用したクレカ不正検知サービスを提供 - SBPS
IT管理ツールにマルウェア対策を追加 - ハンモック
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
ソニーペイメントと日商エレ、不正決済の検知サービス
IDaaSサービスにPWリスト攻撃対策を追加 - Auth0
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
EC事業者向けカード不正利用防止サービス - 日商エレ
サーバ管理証明書の一元管理プラットフォームを提供 - デジサート