Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイナンバーシステムで障害 - 一部自治体で個人番号カード交付できず

個人番号カードの発行管理を行っているシステムで障害が発生し、一部の自治体で個人番号カードが交付できない状態となった。地方公共団体情報システム機構(J-LIS)では、対策を検討するとしている。

同機構によれば、22日13時から16時30分にかけて個人番号カードの発行管理を行っているカード管理システムが不安定な状態になり、自治体から送信されるデータの処理が遅延した。

一部自治体の端末において業務が行えず、個人番号カードが交付できない状態となった。同機構では、解決に向けて早急に対策を検討する。

(Security NEXT - 2016/02/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マイナンバーカードの住所更新でミス、廃止状態に - 大阪市
新潟県で偽国勢調査員による「かたり調査」が発生
交付前のマイナンバーカード2枚が所在不明に - 茂原市
なりすまし不正口座開設、写真なし証明書を悪用 - 筆跡が酷似
交付前のマイナンバーカードが所在不明 - 和泉市
顧客情報流出でサクソバンク証券に業務改善命令
マイナンバーカード紛失、誤廃棄か - 摂津市
マイナポイント、約6割が利用したい - 根強い不信感も
「e-Tax受付システム」利用者向けのChrome拡張機能に脆弱性
マイナンバーカード、「いつものパスワード使う」との声も