Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

権限委譲やアプリ連携などログオン認証製品を機能強化

日立情報通信エンジニアリングは、ICカードを利用するPCのログオン認証製品の新版を提供開始した。

「SecureAegis」は、ICカードとパスワード、生体認証を組みあわせたパソコンのログオン認証を実現する認証ソリューション。社員証など既存のICカードや「Active Directory」など既存環境を活用でき、専用サーバが不要。スタンドアローン版も用意されている。

最新版では、同ソリューションの管理ツールのみでActive Directoryサーバのアカウント変更が可能となり、管理権限を委譲された部門管理者が、部門内のアカウントを直接変更できるようになった。

またICカードをリーダーにタッチするだけで端末をロックすることが可能。ICカード認証により業務アプリを起動するアプリ連携や、ログ管理機能などを追加している。

価格は、基本パックが1万2960円。認証サーバライセンスが86万4000円。管理者キットが8万6400円。

(Security NEXT - 2016/02/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

eKYC時の顔データを用いて本人認証する新サービス - Liquid
米Transmit SecurityのPWレス認証製品を国内展開 - ラック
クラウド設定不備による情報漏洩対策で協業 - KCCSとラック
顔認証入退管理システムに新モデル - マルチテナント対応を強化
PC認証システムにマスク着用にも対応した顔認証機能 - CEC
顔認証によるショルダーハッキング対策製品、マスク着用に対応
BSIグループとイエラエセキュリティ、デジタルフォレンジック分野で協業
JIPDEC、JCAN証明書発行事業をGMOグローバルサインに譲渡
脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス
SSOやID管理を実現するクラウド認証基盤サービス - オプティム