Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシングやマルウェアから狙われる大手動画サービス

動画サービス「Netflix」のアカウント情報がブラックマーケットで取り引きされているとして、複数のセキュリティベンダーが利用者へ注意を呼びかけている。

同サービスは、オンデマンドで動画が楽しめる有料サービスだが、プランによって複数台の端末から同時に利用できる。そのため不正取得されたアカウント情報が、会費を支払うことなく「ただ乗り」できるアカウントとして、闇市場で取り引きされているという。

米Symantecによれば、同サービスのユーザーを狙ったフィッシング攻撃では、アカウントの料金支払いに問題があるなどと同サービスの偽サイトへ誘導。支払い情報の更新などと称して、ログイン情報や個人情報、クレジットカード情報を入力させていた。

また「Netflixを」格安で利用できるなどとだまし、情報を窃取するためのマルウェアも流通。ダウンローダー型のトロイの木馬を正規ソフトに見せかけて配布しており、誤って起動すると別のマルウェアに感染。オンラインバンキングや「Netflix」のアカウント情報が盗まれるという。

露Kaspersky Labによれば、こうした不正取得されたアカウントの流通価格は50セントほど。またパスワードなどアカウント情報を別のサービスで使い回している場合は、そちらへ被害が拡大するおそれもあるとして、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/02/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Ciscoのセキュリティ管理製品に深刻な脆弱性 - 修正版にも脆弱性
愛読者クラブの会員情報が流出の可能性 - 上毛新聞
不正アクセス事件に便乗するフィッシング - クレカ利用履歴の確認要請を偽装
「国内のみ」狙う偽Amazonのフィッシング - 100万件以上の日も
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
「Emotet」対策でパスワード付きzip添付ファイルのブロックを推奨 - 米政府
SBI証券で偽口座宛に約1億円の不正出金 - PWリスト攻撃増加、警戒中に発覚
IDaaSサービスにPWリスト攻撃対策を追加 - Auth0
米政府、北朝鮮関与「BeagleBoyz」に注意喚起 - 金融機関狙う「FASTCash 2.0」を展開か
VPNアカウント流出、内部侵入は否定 - 平田機工