Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットワーク管理ソフト「Netgear NMS300」に深刻な脆弱性

ネットワーク管理ソフト「Netgear NMS300」にリモートより任意のコードが実行可能となる脆弱性が含まれていることがわかった。セキュリティ機関が注意を呼びかけている。

「同1.5.0.11」およびそれ以前のバージョンに、認証なく任意のファイルをアップロードできる脆弱性「CVE-2016-1524」が存在するもの。ブラウザよりファイルへアクセスすることが可能で、同ソフトが動作する権限でコードを実行されるおそれがある。

また認証可能なユーザーが、端末内部のファイルへアクセス可能となるディレクトリトラバーサルの脆弱性「CVE-2016-1525」も明らかとなっている。

脆弱性の修正プログラムなど提供されておらず、セキュリティ機関では、ウェブ管理画面へのアクセスを制限するなど対策を講じるよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/02/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

悪用脆弱性リストに医療データ連携ソフト関連など2件が登録 - 今月5度目の追加
クラウド環境などでログ収集に活用される「Fluent Bit」に脆弱性
ルータやブラウザなど悪用済み脆弱性3件に注意喚起 - 米当局
「Zabbix」のサーバに深刻な脆弱性 - 3月の更新で修正済み
Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
「MS Edge」がゼロデイ脆弱性を解消 - 前版ベースに急遽対応
外部アプリより利用する「OpenSSL」の一部関数にDoS脆弱性
「Chrome」にアップデート - 今月3度目のゼロデイ脆弱性修正
Aruba製アクセスポイントに深刻な脆弱性 - アップデートを
悪用脆弱性リストにMS月例パッチで報告された2件を追加 - 米当局