Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

システム障害の疑義が寄せられた時の対応は? - IPA教訓集

外部からシステム障害の疑義が寄せられた時、どのような対応を取るべきか。情報処理推進機構(IPA)が、具体的な事例を挙げて対応のヒントを解説している。

IPAでは同機構が情報処理システムの障害事例や対策手法を体系化し、信頼できるシステムの構築に役立つ情報を取りまとめ、「情報処理システム高信頼化教訓集」として公開しており、今回「ガバナンス、マネジメント領域」に「システム動作の疑義問合せがあった場合の対応に関する教訓」を追加したもの。

コールセンターにおいてシステム障害の疑いについて指摘があったにもかかわらず、障害を認識できなかった事例を紹介。原因や対策などを解説するとともに、自社システムに問題が発生していることを前提に対処するようアドバイスしている。

また「技術領域」に、「パッケージ製品の機能カスタマイズに関する教訓」や「RDBMSのクエリ最適化機能に関する教訓」といったコンテンツを追加している。

(Security NEXT - 2016/02/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

電子お薬手帳サービス「おくすり手帳Link」で一時障害
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
カプコン、ランサム被害を公表 - 個人情報最大36.4万件を窃取された可能性
朝日インテックでシステム障害 - ランサム感染被害で
「麻薬施用者免許」の申請書が所在不明に - 大阪府
福井県の中小企業支援サイトで全データ消失 - クラウド契約先が手続ミス
カプコンに不正アクセス - 一部社内システムを停止
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
東証障害、売買停止後も内部で約定発生 - マニュアル誤記載も
サーバ9割以上が暗号化被害、セキュ対策ソフト削除も - 鉄建建設