Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

情報流出報道に「2015年の攻撃であらたな流出ない」 - JR北海道

JR北海道は、複数のメディアが同社に関する情報流出について報道したことに対し、2015年8月に公表した事案に関するものであり、あらたな漏洩は発生しておらず、安全性にも影響がないことをあらためて強調した。

20160209_jr_001.jpg
JR北海道

同社では、2015年に顧客を装ったメールの添付ファイルを誤って開封したことからマルウェアへ感染し、内部の複数端末へと感染が拡大。外部サーバと不審な通信を行っていることが判明し、事態を公表していた

今回の報道について、「過去の公表内容に対する取材へ応じたもの」とし、あらたな攻撃は受けておらず、情報流出の事実もないと否定。

その上で過去の流出内容について言及し、通信量の合計が6Mバイトであったことを明らかにし、情報を持ち出すために作成されていた圧縮ファイルが約60Mバイトであったことを理由にファイルの送信に失敗したと結論付けたという。

また作成された圧縮ファイルに関しても、駅の防犯や連絡体系に関する方針などが記されていたが、鉄道の安全に関する機密情報は含まれていなかったとしている。

(Security NEXT - 2016/02/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

標的型攻撃のレスキュー支援、2020年上半期は45件
さよなら「Adobe Flash Player」 - 2020年末でサポート終了
都が中小企業セキュ対策であらたな支援事業 - 試験的に機器設置、インシデント対応もサポート
既存サービスを「Emotet」対策として提供 - BBSec
凶暴性増すランサムウェアの裏側 - 今すぐ確認したい「意外な設定」
2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」
米政府、イランによるサイバー攻撃の警戒呼びかけ - 大統領選が標的に
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
2020年上半期の標的型攻撃は3978件、前年同期の約1.5倍に - 警察庁まとめ