Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客が受け取らなかったポイントを従業員が不正取得

ローソンは、富山県内のフランチャイズ加盟店において、顧客が受け取らなかったポイントが、従業員によって不正に取得されていたことを明らかにした。

ポイントカードを持たない顧客が精算した際に、従業員がみずからのポイントカードへポイントを不正に付与していたもの。ポイントを不正取得されたレシートの写真がインターネット上へ投稿され、問題が発覚した。

従業員は不正取得を認め、2月6日に退職。同社は不正に取得したポイントを回収する方針。今後は店舗における不正なポイント取得に対するモニタリング体制を強化するとしている。

(Security NEXT - 2016/02/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

凶暴性増すランサムウェアの裏側 - 今すぐ確認したい「意外な設定」
2019年の情報ガバナンスコンプライアンス市場は440億円 - 伸び悩む「DLP」
セシール通販サイトに33件のPWリスト攻撃 - アカウント1件がログイン許す
IT管理ツールにマルウェア対策を追加 - ハンモック
次世代セキュリティ製品の検知回避を狙う「Emotet」
「国内のみ」狙う偽Amazonのフィッシング - 100万件以上の日も
偽通販サイトが出没、正規サイトから画像や文章を盗用
東電会員サイトにPWリスト攻撃 - 新規会員登録の機能を悪用か
脅威情報の売買プラットフォームで実証実験 - NTTコム
委託先や下請け関連のインシデント対応コストが上昇傾向