Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「FFR yarai」の月額サービスが登場 - 中小企業向けに展開

FFRIと富士通マーケティング(FJM)は、セキュリティ対策ソフト「FFR yarai」の月額課金サービスを提供開始する。

FJMが、同社のセキュリティソリューション「AZSECURITY BSTS」のサービスメニューへあらたに追加したもの。クラウド経由で提供し、FJMが導入から運用管理までマネージドサービスとして提供する。

月額料金は、1IDあたり990円。別途初期費用が必要。FJMでは、2016年度に8000IDの販売を目指してサービスを展開していく。

(Security NEXT - 2016/02/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

機械学習活用したクレカ不正検知サービスを提供 - SBPS
小規模組織向けセキュリティ対策製品に新版 - カスペ
パスワード管理アプリに情報流出監視機能 - トレンド
ログ監視やデバイス制御のクラウドサービス
アカウント情報の漏洩検知サービスを機能強化 - ソースポッド
クラウドで管理するソフトウェアVPNサービス - DNP
テレワーク利用者向けにSaaS型認証サービス - パスロジ
PW管理製品に新製品、流出状況のチェック機能 - エフセキュア
スマホによる顔認証入退管理ソリューション - NTTドコモ
EC-CUBE特化のクラウド型WAFサービス - イーシーキューブ