Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

LINEでのプライベートな会話、流出するケースは?

人気バンド「ゲスの極み乙女。」のメンバーである川谷絵音さんと、タレントのベッキーさんによるものと見られる「LINE」のプライベートな会話画面が週刊誌などで報じられた問題で、同アプリを提供するLINEは、会話画面が流出する条件について説明した。

今回の問題は、第三者が本来閲覧できないはずのプライベート会話画面が外部へ流出、週刊文春で2度にわたり報じられたもの。2度目の会話は、最初の報道発覚を受けた内容だったことから、流出経路についてさまざまな憶測を呼んでいる。

今回の問題に対して同社では、電気通信事業法における「通信の秘密」を保護する義務のもと、プライバシー保護を経営の最重要事項とし、厳密に管理していると説明。同社アプリの安全性を強調した。

一方で本人確認の手段としてメールアドレスとパスワードを利用しており、端末はもちろん、パスワードなどの管理が適切に行われていない場合、第三者が別の端末から同一のLINEアカウントへアクセスしたり、会話内容を盗み見ることが可能となるとし、憶測がでている手法も含め、流出が生じる可能性がある3種類のケースを示して、利用者へ注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/01/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

CPU消費電力から暗号化キー解析できる攻撃「PLATYPUS」が判明
複数メーカーの「ATM」に脆弱性 - 預金不正引出や乗っ取りのおそれ
暗号鍵のライフサイクル評価サービス - NRIセキュア
海外拠点経由の不正侵入で情報流出、内部横展開も - NTTコム
BD製医療機器にキオスクモード回避のおそれ
レクサスなど複数トヨタ車DCUに「BlueBorne」脆弱性
偽求人情報で個人情報を収集する手口 - 証明書写しなども要求
プリカを二重発行、情報流出は否定 - モスフード
神奈川県HDD問題の情報提供者、復元データを物理破壊
iPhoneの修正困難な脆弱性 - 公開実証コードをフォレンジック企業が採用