Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

厚労省、個人情報をサイトに一時誤掲載 - 申請や承認時にミス気付かず

20160125_nh_001.jpg

厚生労働省は、年金記録の訂正を申請した55人分の個人情報を、誤ってウェブサイトに一時掲載したことを公表した。

1月21日に関東信越厚生局のサイトへ年金記録訂正審議会の答申書を掲載したが、その際に本来ならば匿名化すべき個人情報を誤ってそのまま掲載したもの。同日職員が気が付き、サイト上から削除した。

誤掲載されたのは、年金記録の訂正を申請した55人分の個人情報で氏名、住所、生年月日、基礎年金番号、事業所名など含まれる。

担当者がサイトを公開する前に承認申請を行ったが、誤って匿名化していないファイルを申請。承認の際も匿名化されていないことを確認せず、そのまま承認してしまったという。

同局では対象となる申請者および事業所に対し、説明と謝罪を行っている。また基礎年金番号の変更も実施する。

(Security NEXT - 2016/01/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新型コロナ陽性者2515人の関連情報を誤掲載 - 川崎市
取引先担当者情報が利用アプリ上で閲覧可能に - 日本郵便
無関係の取引先情報含むこと気づかずファイルを誤送信 - 日本郵便子会社
就職相談予約した学生情報が閲覧可能に - 九大
新コロ陽性者の調査ファイルに接触者名簿 - 加工前のデータ残存
入札情報の公開データに個人情報、のべ1.6万人分 - 新潟県
保育所待機者の個人情報をサイトに誤掲載 - 茅ヶ崎市
公開資料の非表示部分に個人情報、検索可能となり判明 - 同志社大
障害者支援施設サイトに入所者の個人情報を誤掲載 - 神奈川県
新コロ患者情報をサイトに誤掲載、複合機でデータ取り違え - 神戸市