Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「サイバーセキュリティ月間」は2月1日スタート - 3月18日(サイバー)まで

政府は、サイバーセキュリティに関する啓発強化を目的とした「サイバーセキュリティ月間」を2月より展開する。期間中、ウェブサイトやSNSを通じた情報発信を行うほか、全国各地でイベントの開催が予定されている。

20160122_ni_001.jpg
キャッチフレーズは「知る・守る・続ける」(図:NISC)

2月1日から「サイバー」の語呂合わせである3月18日までを「サイバーセキュリティ月間」として、政府機関をはじめ関係機関や団体の協力のもと、サイバーセキュリティに関する普及啓発活動を推進するもの。

具体的には、「知る・守る・続ける」をキャッチフレーズとして、2月1日のキックオフイベントを皮切りに、府省庁対抗による競技形式の対処訓練や、サイバーセキュリティ実演イベント、専門家と一般市民が対話できる「サイバーセキュリティ・カフェ」などを実施。

また、「国民を守る情報セキュリティサイト」をリニューアル。「みんなでしっかりサイバーセキュリティ」に名称を改め、日替わりコラムや情報セキュリティハンドブック、「マンガで学ぶサイバーセキュリティ」などを掲載する。

さらにSNSによる情報発信を強化。「サイバー天気予報」プロジェクトを新規に立ち上げ、TwitterとLINEの内閣サイバーセキュリティセンター公式アカウント上で、セキュリティ関連情報などを配信する。

(Security NEXT - 2016/01/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

新型コロナ影響で特別イベントの開催を中止 - NISC
「サイバーセキュリティ総務大臣奨励賞」の候補者募集を開始
サイバーセキュリティ月間の関連行事を募集 - 政府
政府、年度計画「サイバーセキュリティ2019」を決定 - 2020年の予算重点化方針も
フィッシングに注意を促すポスターや画像素材を公開 - JCCAら
「Security Days Spring 2019」がまもなく開催
「約ネバ」とタイアップイベント、3月に都内で開催 - NISC
JSSECら、3月にIoTセキュリティテーマのフォーラムを開催
カスペ、落語でセキュリティを啓発 - 動画を公開
政府がセキュ月間で「約ネバ」とタイアップ - 「抗え。この世界(インターネット)の脅威に。」