Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スマホ連携アプリの開発者情報がネット経由で閲覧可能に - デンソー

デンソーは、同社サイトへ登録していたスマートフォンアプリ開発者の個人情報が、一時インターネット経由で閲覧可能だったことを明らかにした。

閲覧できる状態だったのは、同社が提供するカーナビユーザー向けスマートフォンアプリ「NaviCon」の連携アプリ開発者向けサイトに登録していた関係者371人分の個人情報。2015年12月30日に外部から指摘があり、問題が判明した。

2016年1月6日に調査を行ったところ、アプリ開発者リストのファイルを、2014年3月に構築した開発者向けのAPI提供サイトへ誤って保存しており、同サイトを閉鎖した1月6日までリストが閲覧できる状態だった。リストには、アプリ開発者371人分の氏名やメールアドレス、登録日時、登録用途、会社名などが含まれる。

同社ではサイトを閉鎖。検索サイトにキャッシュの削除を依頼し、11日時点で検索結果に表示されないことを確認したという。同社では、対象となる開発者にメールで事情を説明し、謝罪している。

(Security NEXT - 2016/01/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む資料を元従業員が第三者へ提供 - 日本管財住宅管理
コンサート当選通知に異なる宛名、データにズレ - 大阪市
アンケート回答が閲覧可能に - セラピスト向けセミナーサービス
記者がUSBメモリ紛失、約10カ月後に発見され発覚 - 時事通信社
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - 木工用工具通販サイト
LINEのチケット制ライブサービスで握手会動画が流出 - CDNから取得か
オープンキャンパス参加者へメールを誤送信 - 福山市立大
クレカ情報流出、不正利用の可能性 - 健康食品通販サイト
サイトで他会員情報を誤表示、削除依頼メールで誤送信も - 洋菓子通販店
ECサイトに不正アクセス、クレカ情報流出 - キャンディル子会社