Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

XSSの脆弱性を修正した「WordPress 4.4.1」がリリース

コンテンツマネジメントシステム(CMS)である「WordPress」の開発者グループは、脆弱性やバグへ対処したアップデートをリリースした。

今回公開された「同4.4.1」では、クロスサイトスクリプティングの脆弱性を修正。またセキュリティには関係しないバグを含め、52件の修正を実施したという。

最新版はウェブサイトより公開しているほか、利用者はダッシュボードよりアップデートを行うことができる。

(Security NEXT - 2016/01/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「WordPress 5.8.1」が公開に - 3件のセキュリティ修正
WP向けクイズプラグインにXSSの脆弱性
WordPress向け「不動産プラグイン」シリーズに脆弱性
「WordPress Popular Posts」にXSSの脆弱性 - コードインジェクションのおそれも
WordPress向けカートプラグインにXSSの脆弱性
サーバが攻撃の踏み台に、CMS導入ファイル狙われる - 茨大工学部同窓会
WordPress向けSEOプラグインに脆弱性 - アップデートが公開
「WordPress 5.7.2」が公開 - 1件のセキュリティ修正
ジオコードの企業サイトが改ざん被害 - 顧客情報流出は否定
「WordPress」に2件の脆弱性 - 「同4.7」以降にアップデートを提供