Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京電機大の次期学長に安田浩氏

東京電機大学は、次期学長が同大大学院未来科学研究科の特別専任教授である安田浩氏に決定したと発表した。就任日は2016年4月1日で任期は4年間。

同氏は、ネットワークセキュリティをはじめとする応用情報工学の研究で活躍。同大未来科学部長や同大大学院未来科学研究科委員長、先端科学技術研究科委員長を2015年3月まで務めた。現在は同大大学院未来科学研究科の特別専任教授。

学外においても、IEEEのライフフェロー、電子情報通信学会、情報処理学会、映像情報メディア学会、画像電子学会の名誉員のほか、東京大学大学院情報学環の寄付講座「セキュア情報化社会研究グループ(SISOC-TOKYO)」において、東京大学特任教授として副グループ長を担当。(ISC)2のボードメンバーや電気科学技術奨励会会長、日本スマートフォンセキュリティ協会(JSSEC)会長をはじめ、要職を務めている。

(Security NEXT - 2015/12/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SIA、「ファクトチェックセンター」を設置 - 真偽検証して情報配信
パーソナルデータ流通の標準化に注力 - SIOTP協議会
産官学が連携、セキュリティ人材の育成を推進
セキュリティ対策に貢献した研究者や実務者に感謝状 - JPCERT/CC
クラウドのDB消去をテーマとしたセミナー実施 - DBSC
6月に「IoTセキュリティシンポジウム2022」を開催 - CCDS
「CODE BLUE 2022」、10月にハイブリッド開催 - 今年で10回目
セキュリティ専門家2名や「セキュリティのアレ」に総務大臣奨励賞
「情報セキュリティ文化賞」受賞者6名を発表 - 情報セ大
2021年度の「JNSA賞」が決定 - 報道記者に特別賞も