Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Joomla!」が今月2度目のアップデート - 脆弱性はPHPに起因

コンテンツマネジメントシステム(CMS)の「Joomla!」において、深刻な脆弱性を解消するアップデートがあらたに公開された。12月中旬に判明した脆弱性の詳細が判明し、さらなる修正を行ったという。

「Joomla!」のセキュリティ対策チームが、セキュリティアップデートとなる「Joomla! 3.4.7」を公開したもの。アップデートを強く推奨している。

同チームでは、ゼロデイ攻撃が発生しているとの報告を受けて、前回アップデート「同3.4.6」を緊急公開しているが、その後の調査で、同問題がPHPの脆弱性に起因することがあきらかになったと説明。

PHPの脆弱性は、9月に公開された「PHP 5.4.45」「同5.5.29」「同5.6.13」で修正されているが、今回公開した「Joomla! 3.4.7」により、サポート中であるすべてのPHPに対応するとしている。またSQLインジェクションへの対策として、「MySQLiドライバ」のセキュリティ強化をあわせて実施した。

前回判明した脆弱性に関しては、これまでもHASHコンサルティングの徳丸浩氏が、「同3.4.6」公開後に検証結果をブログで公開、ゼロデイ攻撃が発生しているとの報告に対し、PHPにおける既知の脆弱性「CVE-2015-6835」に起因する問題であり、「Joomla!」の重大な脆弱性ではないと指摘していた。

(Security NEXT - 2015/12/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Forcepoint DLPにXXE脆弱性 - 複数製品に影響
XMLパーサーのライブラリ「libexpat」に深刻な脆弱性
開発言語「Go」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
「Apache Calcite」の一部演算子処理に深刻な脆弱性
Sophos製ファイアウォールに深刻な脆弱性 - すでにゼロデイ攻撃も
DNSサーバ「BIND」に6件の脆弱性 - アップデートがリリース
Windows端末の管理ツールにゼロデイ脆弱性 - 定例外アップデートが公開
Mozilla、「Firefox 105」をリリース - 複数脆弱性を修正
「Atlassian Bitbucket」の深刻な脆弱性 - PoC公開で悪用リスク高まる
Zoomオンプレミス版に脆弱性 - 会議を盗聴されるおそれ