Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シニアカード会員の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 福島競馬場

福島競馬場において、シニアカードの会員情報を保存した業務用USBメモリが所在不明になっていることがわかった。

日本中央競馬会(JRA)によれば、12月13日16時50分ごろ、同競馬場整理本部において業務用USBメモリがなくなっていることへ気が付いたもの。従業員への聞き取りなど調査を進めてきたが、発見できなかった。

問題のUSBメモリには、「福島競馬場シニアカード会員」に登録した3168人分の個人情報を保存していた。氏名や住所、電話番号、生年月日のほか、一部会員については持病やかかりつけ病院などの情報も含まれるという。

JRAでは、USBメモリにセキュリティ対策が講じていたと説明。対象となる会員には謝罪の書面を送付する。また同競馬場に問い合わせ窓口を設置した。

(Security NEXT - 2015/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含むUSBメモリ紛失、車上に置いたまま発車 - 加須市
プレゼント応募者の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 関西テレビ
児童提出物を不適切に廃棄した小学校教諭など処分 - 新潟県
教育センターで生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 新潟県
学生情報含むUSBメモリを紛失、ファイルにはパスワード - 名大
在宅業務のためUSBメモリを持ち出し紛失 - 岡山の小学校
データの受け渡し過程でバックアップデータ紛失 - 豊橋市
業務データ持ち出し、教委職員を懲戒処分 - 美幌町
小学校教員が帰宅途中に眠り込み、USBメモリなど紛失 - 川崎市
テレワーク目的で個人情報保存したUSBメモリを紛失 - 大阪府立高校