Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、メールフィルタリング製品を発売 - PWリスト攻撃の検知機能も

NECは、メールフィルタリング製品「Mission Critical Mail Filter」を2016年2月より提供開始する。

同製品は、マルウェアやスパム、なりすまし、誤送信などの対策として利用できる「メールフィルタリング」製品。中央官庁や自治体、金融機関での利用を想定した「Mission Critical Mail シリーズ」の1製品として展開する。

パスワードリスト攻撃を自動で検知、防御する「オートディフェンスフローコントロール機構」や、送信者の信頼性を確認する送信元確認機能を搭載した。

さらに、冗長構成を組まない環境においてもメールの配送を停止せずに設定変更やパッチ適用が可能な「ローリングアップデート機構」を採用した。価格は500IDで130万円から。

(Security NEXT - 2015/12/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

委託先でメール誤送信、オンライン商談会登録者のメアド流出 - 大阪府
法人向けメルマガで送信ミス、メールアドレスが流出 - 東邦ガス
高校説明会の参加者宛メールで送信ミス - 大阪府
顧客向け案内メールで送信ミス - 美容健康器具メーカー
音楽イベントの受託事業者がメール誤送信、メアド流出 - 豊島区
結婚サポート事業でメール誤送信 - 長崎県
クラウドファンディング支援者向けのメールで送信ミス - 浦和レッズ
補助事業採択者向けのメールで送信ミス - 総務省
顧客向けの謝罪メールで誤送信 - 英製ヘアブラシ公式サイト
顧客向けメールで送信ミス、メアド流出 - フィンテック事業者