Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、メールフィルタリング製品を発売 - PWリスト攻撃の検知機能も

NECは、メールフィルタリング製品「Mission Critical Mail Filter」を2016年2月より提供開始する。

同製品は、マルウェアやスパム、なりすまし、誤送信などの対策として利用できる「メールフィルタリング」製品。中央官庁や自治体、金融機関での利用を想定した「Mission Critical Mail シリーズ」の1製品として展開する。

パスワードリスト攻撃を自動で検知、防御する「オートディフェンスフローコントロール機構」や、送信者の信頼性を確認する送信元確認機能を搭載した。

さらに、冗長構成を組まない環境においてもメールの配送を停止せずに設定変更やパッチ適用が可能な「ローリングアップデート機構」を採用した。価格は500IDで130万円から。

(Security NEXT - 2015/12/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

保健所で新型コロナ発生届のFAXを誤送信 - 静岡県
クラファンで別人に商品や通知メールを配送
福島廃炉マッチングサポートの登録企業宛メールで誤送信
講座参加者宛メールで誤送信、取消通知でも - 静岡県
委託先でメール誤送信、メルマガ登録者のメアド流出 - 香川県
メール誤送信で顧客のメアド流出 - 新発田市観光協会
メール作成時のコピーで誤操作、本文にメアドの一部 - 静岡県立高
障害児通所支援事業所宛のメール、メアド406件をCC記載 - 大阪府
保育施設の資料を同姓の別人にメール送信 - 大阪市
コロナ感染の小学校児童情報を複数保護者に誤送信 - 松本市