Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Joomla!」が緊急アップデート - パッチ公開2日前よりゼロデイ攻撃

コンテンツマネジメントシステム(CMS)の「Joomla!」に深刻な脆弱性が見つかった。すでにゼロデイ攻撃が確認されている。

リモートより攻撃を受けるおそれがある脆弱性「CVE-2015-8562」が明らかとなったもの。12月13日に報告を受けた開発チームでは、急遽14日に脆弱性を解消した「同3.4.6」を公開した。今回のアップデートでは、緊急性は低い3件の脆弱性にも対処している。

米Sucuriによれば、アップデートが公開される2日前にあたる12月12日に脆弱性を狙った攻撃を観測。3種類のIPアドレスを発信元とした脆弱性攻撃が行われていたという。

同社は攻撃の発信元であるIPアドレス「146.0.72.83」「74.3.170.33」「194.28.174.106」を公開。ユーザーエージェントが攻撃に利用された「JDatabaseDriverMysqli」「O:」とするアクセスがないかログを確認し、攻撃を受けていないか確認するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/12/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、「Microsoft Edge 104.0.1293.47」をリリース - 独自に3件の脆弱性を修正
カスペルスキーのVPN製品に権限昇格の脆弱性
「Apache CloudStack」のSAML認証プラグインに深刻な脆弱性
F5、8月のセキュリティパッチを公開 - 「BIG-IP」などの脆弱性に対処
スモールビジネス向けCisco製ルータに深刻な脆弱性 - 遠隔よりコードを実行されるおそれ
「Cloudflare Zero Trust」にセキュリティ機能バイパスのおそれ
機密情報管理のHashiCorp製「Vault」に脆弱性 - データ消失のおそれ
Google、「Chrome 104」をリリース - セキュリティに関する27件の修正を実施
VMwareのID管理製品に再び深刻な脆弱性 - 早急に更新の実施を
「GnuTLS」に脆弱性 - アップデートがリリース