Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、OS X向けに「OS X El Capitan 10.11.2」など公開

Appleは、セキュリティアップデート「OS X El Capitan 10.11.2」「Security Update 2015-005 Yosemite」「Security Update 2015-008 Mavericks」を提供開始した。CVEベースであわせて54件の脆弱性を修正している。

「Mac OS X」向けのアップデートで、「OS X El Capitan」向けのセキュリティアップデートにくわえ、「Security Update 2015-007」により、「同Mavericks 10.9.5」「同Yosemite 10.10.5」の脆弱性を解消する。

カーネルにおける複数の脆弱性のほか、セキュリティやサンドボックスに関する脆弱性、画像処理など広く修正を加えた。

お詫びと訂正:本記事初出時の記載について、アップデートの表記が一部正しく記載されておりませんでした。ご迷惑をおかけした読者、関係者のみなさまにお詫びし、訂正いたします。

(Security NEXT - 2015/12/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SonicWall製品のVPNに深刻な脆弱性 - 約80万台に影響か
「VMware Horizon」のクライアントにサービス拒否の脆弱性
Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ
MS、定例外で2件のアップデートをリリース
「phpMyAdmin」に「SQLi」や「XSS」の脆弱性
AMDのオーバークロックソフトやグラフィックドライバに脆弱性
eコマースプラットフォーム「Magento」に複数の深刻な脆弱性
パロアルト製品に複数の脆弱性 - 深刻なRCE脆弱性も
QNAP製NASのアプリに深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
「Outlook」にRCE脆弱性 - プレビューだけで悪用のおそれ