Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイナンバー通知書、8日までに32の都道県で配達完了

マイナンバー通知書の配達状況が明らかとなった。12月7日までに全体の98.4%にあたる5594万6000通の初回配達を終えたという。このうち1割強は一時預かりや自治体に返送された状態で、今後配達される通知書を含め、受取人本人へ行き渡るにはもう少し時間がかかりそうだ。

日本郵便の発表によれば、12月7日までに全体の98.4%にあたる5594万6000通の初回配達を完了。

そのうち配達や窓口交付が完了したのは4959万5000通で、166万通が不在により一時預りの状態だという。また469万1000通が自治体に返送された。なお、通知書の印刷漏れがあった東京都葛飾区の一部地域については今回の発表に含まれない。

初回配達に関して都道府県別に見ると、32の都道県で完了。千葉県四街道市と、印刷漏れが明らかとなった葛飾区がもっとも遅く、20日となる予定。予定日は同社が発表する資料より確認できる。

(Security NEXT - 2015/12/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサム攻撃で従業員情報が暗号化、復旧は断念 - 河村電器
大手携帯キャリア、マイナンバーカード申請のサポートを展開
マイナンバー含む書類を異なる事業所へ誤送付 - 土健保
4割弱の中小企業、改正個情法の内容「知らない」 - 4社に3社は漏洩報告義務把握せず
国内外データ保護規制に対応する実務者向けの資格認定制度を開始 - 日本DPO協会
釜石市、職員2人を懲戒免職 - 全住民情報を持出、監査の不正操作も
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
事業吸収分割で無関係の口座情報を誤提供 - 新生銀
マイナンバーカードの交付関連書類が所在不明 - 横浜市
マイナンバー含む給与支払報告書を誤送付 - 横浜市