Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ふるさと納税者1891人の個人情報入りファイルを誤送信 - 小美玉市

茨城県小美玉市は、ふるさと納税申込者の個人情報含む業務ファイルを、ふるさと納税者8人に誤ってメール送信したことを明らかにした。

12月4日、ふるさと納税の申請書に記載不備があった8人に対し、申請書記入例のエクセルファイルを添付してメール送信。その際に誤って作業用に使用していた業務情報含むファイルを添付したという。7日に、メール受信者からの連絡で判明した。

問題のファイルには、4月1日から6月18日の間に、インターネットで同市へのふるさと納税を申し込んだ1891人の個人情報が記載されていた。

同市では、対象となる納税者に経緯報告や謝罪の書面を送付。また流出先である8人の納税者には電話で連絡し、誤送信したメールと添付ファイルの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2015/12/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

保健所で新型コロナ発生届のFAXを誤送信 - 静岡県
クラファンで別人に商品や通知メールを配送
福島廃炉マッチングサポートの登録企業宛メールで誤送信
講座参加者宛メールで誤送信、取消通知でも - 静岡県
委託先でメール誤送信、メルマガ登録者のメアド流出 - 香川県
メール誤送信で顧客のメアド流出 - 新発田市観光協会
メール作成時のコピーで誤操作、本文にメアドの一部 - 静岡県立高
障害児通所支援事業所宛のメール、メアド406件をCC記載 - 大阪府
保育施設の資料を同姓の別人にメール送信 - 大阪市
コロナ感染の小学校児童情報を複数保護者に誤送信 - 松本市