Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、月例セキュリティパッチ12件を公開 - ゼロデイ脆弱性2件を解消

日本マイクロソフトは、2015年最後となる月例セキュリティ更新を公開した。12件のプログラムを通じ、CVEベースで重複を除く59件の脆弱性を解消。そのうち2件の脆弱性は、すでにゼロデイ攻撃が確認されているという。

20151209_ms_001.jpg
12月のセキュリティ更新(表:日本マイクロソフト)

最大深刻度が4段階中もっとも高い「緊急」にレーティングされているプログラムは8件。「Internet Explorer」および「Microsoft Edge」の累積的な脆弱性に対し、「MS15-124」「MS15-125」にて対応した。

「MS15-124」で修正された「IE」のXSSフィルタがバイパスされる脆弱性「CVE-2015-6164」は、悪用は確認されていないが、すでに情報が公開されている。

「MS15-131」は、Officeにおける6件の脆弱性を解消するパッチ。メモリ破壊が生じる「CVE-2015-6124」については、すでに悪用が確認されている。

さらに「MS15-126」では、「JScript」および「VBScript」における2件の累積的な問題に対応。「MS15-128」で、Graphicsコンポーネントの脆弱性を解消したほか、「MS15-129」では「Silverlight」を更新している。

「MS15-127」にてリモートよりコードを実行されるWindows DNSの脆弱性「CVE-2015-6125」を修正、「MS15-130」にて「Uniscribe」の脆弱性を解消した。

(Security NEXT - 2015/12/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Exchange Server」ゼロデイ脆弱性、緩和策も刻々変化
「Exchange Server」にゼロデイ攻撃 - アップデートは準備中、緩和策の実施を
米政府の悪用済み脆弱性リスト、あらたに12件を追加
Apple、「iOS 12.5.6」を公開 - 悪用済み脆弱性を解消
Apple、ゼロデイ脆弱性を解消した「Safari 15.6.1」を公開
MS、月例パッチで修正した脆弱性の件数を上方修正
MSが月例パッチを公開、脆弱性121件に対処 - ゼロデイ脆弱性を修正
MS、約2年7カ月を経てゼロデイ脆弱性「Dogwalk」を修正 - すでに悪用も
MS、「Microsoft Edge 103.0.1264.49」を公開 - ゼロデイ脆弱性に対処
MS、月例パッチで脆弱性56件に対応 - ゼロデイ脆弱性を解消