Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「vvvランサムウェア」はFlash脆弱性で感染、「Angler EK」で拡散 - カスペが分析

拡張子を「vvv」に変更するランサムウェアの被害が報告され、注目が集まっているが、カスペルスキーは、マイナーバージョンアップした「TeslaCrypt」であるとの見解を示した。

同社は、同ランサムウェアについて「TeslaCrypt 2.2.0」であるとの分析結果を示し、従来より存在する「TeslaCrypt 2.0」のマイナーバージョンアップで、拡張子「.vvv」の追加以外に大きな違いはないと説明。同社製品がインストールされているかチェックし、同社製品が導入された環境だと、感染しない特徴を持つという。

感染経路として、エクスプロイトキット「Angler」経由の拡散を確認。10月に「APSB15-27」で修正された「Adobe Flash Player」の脆弱性「CVE-2015-7645」を悪用していた。

同社製品では「TeslaCrypt 2.0」と同様、「TeslaCrypt 2.2.0」を「Trojan-Ransom.Win32.Bitman」として検知。同社の観測においては、日本国内における感染数はそれほど多くないとしている。

「TeslaCrypt」は初期のバージョンは、被害者が自身で復号ができることが知られている。しかし、「TeslaCrypt 2.0」では、強度な暗号化の機能を備えており、同社は被害に遭った場合に自力で複号化できる見込みはないとの厳しい見方を示している。

さらにWindowsに用意された「シャドウコピー」機能を使えなくするケースもあると指摘。同社は対策として、定期的なバックアップや、OSや各種ソフトウェアを最新版へ更新するなど、日ごろより対策を講じるよう推奨している。

(Security NEXT - 2015/12/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「サイバーセキュリティ月間」がスタート - 日米豪印による連携も
欧米当局、ランサム「Hive」を解体 - 捜査官が攻撃インフラに侵入
多数システムでランサム被害、復旧や事業継続に追われる - ならコープ
正規の「リモート管理ソフト」が攻撃者のバックドアに - 米政府が警戒呼びかけ
「情報セキュリティ10大脅威 2023」 - 組織は「ランサム」が引き続き首位
ベトナム拠点経由で攻撃、複数子会社とともにランサム被害 - タカミヤ
2022年のサイバー攻撃、前年比38%増 - 教育分野への攻撃増加
サイバー攻撃やセキュリティ対策の体験施設 - 日本情報通信
取材や講演会依頼装う標的型攻撃 - 「コロナで中止」とつじつま合わせ
米政府、「OWASSRF」など悪用脆弱性2件について注意喚起