Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

A10、複数のセキュリティ機能を集約した「Thunder CFW」を発表

A10ネットワークスは、2016年第1四半期より日本市場に「Thunder CFW」を投入する。集中管理システム「aGalaxy」では、同年第2四半期にサポートを開始する予定。

同製品は、ゲートウェイ「Thunderシリーズ」の新製品で、セキュリティ対策とアプリケーションネットワーク機能を装備。サービスプロバイダやクラウドプロバイダ、大規模企業向けに複数のセキュリティを1Uサイズに集約したソリューションとして展開する。

プロクシやURLフィルタリング、SSL暗号化通信の可視化などへ対応したウェブゲートウェイのほか、DDoS対策やアプリケーション配信機能を統合したファイアウォールを搭載。またGi/SGiファイアウォールおよびサイト間IPSec VPNを統合した。スループットを150Gbps以上としており、ファイアウォールでは1秒あたり500万セッションを処理できるという。

(Security NEXT - 2015/12/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ゲーマー向け「ノートン」が発売 - ゲーム用にCPU処理能力を確保する新機能
パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始
中小規模組織向けにエンドポイント保護製品 - カスペ
セキュリティ運用ソフト「LogStare Collector」に新版
UTMに1Uの高スループットモデルを追加 - ウォッチガード
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
不正通信診断サービスを1月29日まで無償提供 - ALSI
機械学習活用したクラウド型DLPサービス - パロアルト
イー・ガーディアン、JP-Secureを完全子会社化